こんなシーンも楽しく!?機械式時計を意識する瞬間

ふとゼンマイを回す他人の仕草を目にした時

街中の高給カフェやレストラン、バー等、それなりのステータスの人が多く訪れ寛ぐ飲食店。そんなテーブルやカウンターで一人機械式の腕時計を眺め、ふと気が付いてゼンマイを回す人の姿を目にするとなぜか格好良く感じ、あんな時計が似合う人間になってみたいという欲求や希望が湧いてくるもの。時計自体お金を貯めれば買えるものではありますが、それを扱う人間の醸し出す雰囲気というのは長年に渡って積み重ねてきたステータスによってしか現れないケースが多く、それゆえ憧れとなり得る訳です。

毎日ゼンマイを巻く瞬間に自分自身で悦に入る

いつか経済的にも安定し、自分自身で高級ブランドの機械式腕時計を買う機会も出てくる事でしょう。希望のモデルを購入し、毎日ゼンマイを巻く瞬間に人は満足感を覚え、しばらくの間悦に入る事が出来るのです。時計を着用しオフィスや外回りで忙しなく動いていると、他人が腕時計のタイプにまで気付くケースは意識していない限り殆ど無く、落ち着いて時計を眺められる朝晩のリラックスタイムを中心に、一人愉しむのが最も満足度が高くなる事でしょう。

新作モデルを見にショップを訪れる時

自分自身がブランド機械式腕時計のオーナーになると共に気持ちにも余裕が生まれ、愛機を大切に扱い愉しむと同時にそれらブランドにおける他のモデルや新作の情報もやたら気になってくるもの。そうなると愛機を着用した折に正規販売店やブランドショップを訪れ、新作モデルやメンテナンス情報の交換といった話をスタッフとさり気なく交わす瞬間というのも楽しくなってくる事でしょう。自らそれらの時計を着用する事によりスタッフに時計購入に対する意識の高さを見せつけ、一見や冷やかしといった客と同様、そっけない対応を取られずに済むという安心感が出てくるものなのです。

パテックフィリップとは数多くのセレブリティを顧客に持つスイスの高級時計ブランドで、世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられることも多いブランドです。