過信しすぎてはダメ!?機械式時計の防水性能について

機械式時計の弱点を克服した防水性能

機械式時計はちょっとした原因で故障してしまうような、繊細な精密機械です。衝撃や磁気など機械式時計にとっては厳禁とされる故障の原因は種々ありますが、近年は防水性能が向上したことで、水による故障を克服した防水モデルの機械式時計が多く発売されるようになってきました。中にはダイビングにも対応できるダイバーズウォッチのようなものもあり、機械式時計にとって水は怖いものではなくなってきたと言っても過言ではありません。

防水の機械式時計にはどこまでの防水性能があるのか?

防水性能と言っても様々な種類があるため、正しい手入れの方法を取る上でも、どの程度の防水効果があるのかを把握しておかなければなりません。3気圧防水で雨に濡れても大丈夫、5気圧防水で洗顔までならOKという程度ですので、このくらいの生活防水対応モデルの場合はあまり水回りでは装着しないようにしておき、水滴がついたら素早く拭き取るようにしましょう。10気圧防水から水に浸けることが可能なので水洗いもできますが、水中で振ってしまうと10気圧を超えてしまう場合があるので注意しなければなりません。

30気圧防水なら水は全く気にしなくてもOK?

機械式時計の防水性能が30気圧防水を超えると完全防水となり、スキューバダイビングなどの際に装着していても故障することはほぼありません。しかし、だからと言って、全ての水回りに対して完全無欠というわけではありません。30気圧防水の機械式時計でも、風呂に浸けると壊れてしまう場合があります。温度が上昇すると時計内部の潤滑油が落ちてしまったり、文字盤が剥がれてしまう場合があります。また、様々な成分がケースの錆びやパッキンの劣化を惹き起こすことがあるので、完全防水対応であろうともお風呂で機械式時計を装着することは辞めておいた方が無難でしょう。

ウブロはスイス製腕時計の高級ブランドです。シンプルかつ特徴的なデザインで、腕時計の愛好家に人気があります。