ペットを飼うときに考えてほしい!あなたに一生を預ける命!

そもそもどんなペットと生活するか?

ペットが欲しいと思ったとき、最初の問題は「何を飼うか」でしょうね。犬も猫も可愛いし、ハムスターや小鳥は手入れが簡単そう。フェレットやモモンガなど、少し変わったペットにも心惹かれますね。でもペットを買う前に考えてほしいことがいくつかあります。自分の家はペットを飼っても大丈夫なのか?留守になる時間はどれくらい?長期の場合は、誰かに預けていったりする必要も出てきます。寿命が長い生き物や、大きな生き物ほど医療費はかかると思いましょう。特に犬は病気になった時の治療だけでなく、健康でも生きていく上でやらなければならない予防がいくつかあります。珍しいペットの場合は、近場の動物病院では診療してもらえないことも。どんなペットでも一時の「可愛い」という感情だけでなく、その子が死ぬまで自分が面倒を見てあげるんだという、大げさに言えば覚悟が必要です。

ペットショップで買う?ブリーダーで買う?

仮に犬や猫など一般的なペットを飼うとなった場合、どこで買うかも考えましょう。ペットショップでしたら多くの子犬や子猫が並んでいて、様々な種類を比較し、場合によっては店員さんからコメントももらえます。ある程度成長した子は値段が落ちていることもありますが、トイレトレーニングが既に終わっていたり良い面もあります。ブリーダーで購入することの最大の利点は、その子の親の特徴が分かることです。体格やなりやすい病気、しつけなどに関しても詳しく教えてくれます。ただ人気のブリーダーだと半年待ち……なんてこともよくありますので、よく話を聞きましょう。子犬子猫にこだわらず、少しでも幸せな犬猫を増やしてあげたいという気持ちがあるならば、市町村の保健所や民間の保護団体に問い合わせてみるのもひとつです。

ペット購入の未来……あなたはどう思いますか?

ペットショップのショーケースに並ぶ子犬や子猫たちは、本当に可愛いものです。しかし多くの子たちは産まれて1ヶ月程度で親元から離され、その「可愛い」うちに売ってしまおうと、ショーケースに並べられます。海外ではその売り方を禁止する動きや、生後60日まで親から離すべきではないという法律のある国も出ています。そういった子たちは成犬成猫になってもコミュニケーション能力が低いため、人に懐きにくかったり、逆に飼い主に依存してしまいやすいという報告もあります。人間でいえば1歳や2歳のうちに親から離されてしまうのですから、当然ですよね。そして繁殖場では、次から次へと子供を産む母親たちがいるのも事実です。可愛い目の前の姿だけでなく、その前後にあるものすべてを考慮して、責任をもってペットを受け入れましょう。

子犬販売なら神奈川の店舗を探すことで、リーズナブルな価格のペットを見つけることができると言われています。