犬を買うならやっぱりブリーダー?優良業者の選び方

飼育環境をチェックしよう!

ブリーダーの良し悪しを見極める上で大事なのが飼育環境。特に免疫力の弱い子犬を劣悪な環境で育てるのは健康状態や性格にも影響してしまいます。きちんとしたブリーダーですと環境の良いところで飼育する大切さを知っていますから綺麗なところで育てています。ですからどのような環境になっているのか実際に見てみるようにしましょう。もし飼育環境を見せてくれないようなところですと、何かやましい気持ちがある可能性もありますので避けた方が良いかもしれませんね。

引き渡しの日数をチェック!

子犬を飼う時には小さな頃から育てていきたいと考えている方は少なくないはず。しかし、生まれてから間もない状態で引き渡しをするのは動物愛護法でも禁止されているのです。すぐに親犬から引き離してしまうと免疫力が低くなったり、性格にも影響しますので一定期間は親犬と過ごさせるのが基本です。それにも関わらずすぐに引き渡しをするようなブリーダーは注意しましょう。営利主義である可能性が高いですし、そもそも知識を持っていない可能性もありますので要注意ですね。

予防接種の有無も確認事項!

子犬は免疫力が低い為に生後2ヶ月ほどでワクチンを接種するのが通常です。ただ注射にはお金が掛かってしまいますし、ブリーダーの場合ですと何頭も飼育しているでしょうから余計に負担が大きくなります。その為にワクチンを打たないようなブリーダーもいるようですが、予防接種をきちんと受けているかどうかも大事ですからよく確認をしてみましょう。また、予防接種をした場合は動物病院の方から証明書も発行されますので、証明書があるのかどうかも確認した方が安心ですね。

子猫販売なら東京のお店を探すことで、手厚いサポートを得ることが出来、より良い飼育方法を学ぶこともできます。