意外なあの動物もペットに!?親しみの持てる身近なペット候補3選

子供達の憧れはやはり昆虫に

カブトムシやクワガタを始め、大型で格好良い海外産の昆虫類がペットショップのケージを賑わせる様になってきました。原産地の気候を考慮した飼育環境作りが結構難しいものですが、それさえも良い思い出としてくれる程に魅力的な美しさを持ったペットである事に間違いはないでしょう。加えて幼虫から育てられるキットも充実しており、育て上げる楽しみもまた有しているものです。しっかり管理していれば臭いも全く発せず、意外と衛生的でもあるのです。

小型の魚は観賞魚でなくとも面白い

魚をペットとして飼育と聞くと、多くの人は間違い無く熱帯魚を始めとした観賞魚を連想するものですよね。日本古来の金魚や鯉を始め、これらの魚類の飼育の歴史は古いものですが、生体自体が高価であったり飼育機器に費用が掛かったりと、意外とコストが掛かるもの。一方身近に生息しペットとしても売られているメダカやタナゴといった種類は大変安価で購入出来る上、特殊な器具を準備せずとも飼育出来ますから大変楽。もちろん子供の理科の教材としても役立ってくれる事でしょう。

飼う人を選ぶものの丈夫な爬虫類や両生類も候補に

イシガメやクサガメ、イモリを始め、日本にも縁が深い爬虫類や両生類は気候等の周辺環境もマッチする為、大変育てやすい種類と言えるでしょう。ペットとしてしっかり扱えるかについては、残念ながら人を選ぶ事は確かです。ですが犬猫の様に活発に動かない上臭いも少なく、またある種は冬眠の習性を持っている為、飼育環境さえ整えてあげれば意外と手間が掛からないものなのです。特にカメの仲間は大変長生きしますから、じっくり成長を見守るにも最適と言えるでしょう。

ペットショップとは、カメレオンや犬や猫や熱帯魚や亀や蛇のような動物を安い値段で販売している店をいいます。