貴方はどの子?生活環境で選ぶ色々なペット

暮らしぶりや自由時間を書き出そう

ペットを飼いたいと考える人は、殆どが何のペットを飼うか決まっている状態だと思います。しかし中には、動物と過ごしたいけどもどれが良いか判らない人や、調べ過ぎて判らなくなる人がいるかと思います。そのような場合には、生活環境を考えてみてはどうでしょうか。マンションやアパート住まい、戸建て、庭の有無などの他、家にいてペットと触れ合える時間はどの程度なのかを視野に入れておく必要があります。大まかに環境や家にいる時間を書き出してみるのも良いかもしれませんね。

ペットとじゃれあいたいのなら

ペットにも様々な種類がいます。哺乳類や鳥類、魚類などが一般的ですが、爬虫類や両生類に昆虫を飼っている人も多くいます。これらの動物と、どのような事をするのが望みでしょうか。もし、コミュニケーションを取ったり一緒に遊びたいなら、犬や猫がやはりお勧めになります。もしも大きな庭付きの一戸建と言う環境ならば、大型犬と体を使って大いに遊べます。室内でじっくり鑑賞し、指先程度で遊びたいのなら、小動物の愛らしい動きに癒されるのも良いでしょう。

こんな動物も飼えるの!?

ペットと言えばペットショップやブリーダーから購入するため、販売されている種類の動物しか見た事が無く、それら意外はペットとして飼えないと思っている人がいるかもしれません。しかし、一般家庭であっても馬や牛、豚をペットとして飼う事は可能です。ダチョウも良いでしょう。古い家なら鶏を飼っている人もいるかもしれませんね。ただしこれらの動物は、地方自治体によって扱いが違うので、飼育している頭数や種類によっては役所への届けや、年に1度は健康報告を行う必要があります。

ペットショップなら東京のペットショップに注目するべきです。多数のペット愛好家がいる東京ですから、様々な種類のペットが販売されているからです。