不機嫌な時でも癒してくれる!最愛のペットとの付き合い方とは?

犬猫でも接し方には違いがある!?

よく性格が正反対と言われる犬と猫。どちらを好むかでも人の性格が強く出ると言いますが、いずれにせよ最愛のペットだけでには嫌われずに過ごしたいものですよね。犬は主従関係が強く、常に人が命令し構ってあげないと拗ねて言う事をきかなくなってしまうケースもありますから、オフは積極的に遊んであげるべき。逆に猫は自分勝手な生き方を性分としていますから、構い過ぎるのは苦手。愛猫にベストな環境作りに精を出した上でちょっかいはあまり出さず、向こうから甘えて来るのを待った方が良いのです。

多頭数飼いの際は出来るだけ分け隔て無く接する事

従来より飼っている犬猫に対し新たに犬猫を迎え入れ多頭数飼いを始めるにあたって、一番気を付けるべきは新入りの犬猫ばかりを気に掛け過ぎない事。確かに新たな住まいに慣らしたり、健康面でのケア等すべき事が沢山ある事は事実なのですが、そのせいで先住の犬猫を完全に放りっぱなしというのはいけません。受け入れ時の作業はなるべく早く済ませ、先住・新入りに関わらず平均的に愛を注いであげるのがベストでしょう。またその方が先住と新入りの打ち解けも早いものなのです。

コミュニケーションを嫌がるのにも理由はある

初めて飼う事になる犬猫は飼い主が慣れていない事もあって最初は緊張しがち。それでも1ヶ月も経てば世話のコツも掴め、だいぶ良好なコミュニケーションが取れる様になってくるでしょう。それでも時折コミュニケーションを拒まれる場合もありますよね。犬猫も落ち着いてくれば飼い主と関わらないプライベートな時間を持ちたいもの。そんな気持ちも察せずしつこく接しようとすれば、おのずと嫌われてしまうものです。向こうが求めてきたら可愛がり、連れなかったら察して放っておいてあげる。そんな臨機応変な対処が有効だったりするものです。

ペットショップなら神奈川で探すことで、様々な種類のペットを豊富に取り扱う店舗がスムーズに見つかります。